2010年05月05日

【署名】虐待致死傷罪制定及び虐待防止社会に向けての請願署名

タイトルの通り、
虐待防止社会に向けての請願署名に協力をお願い致します。
詳しい内容は一番下に転載しておきます。。
20万の署名目標に対し、今日現在でまだ 4万人しか集まっていません。
期限は5月までとなっています。


署名の協力と、、コピペで構いませんので
皆様も日記で協力を呼びかけていただけませんか?
優衣ちゃんのニュースの後、
署名参加者が増えています。
けれど、まだまだ足りません。。

どうかよろしくお願い致します。


『虐待致死傷罪制定及び虐待防止社会に向けての請願署名』
企画者: 成田 浩子
提出先: 法務省及び関係各省庁
開始日: 2009年05月19日
目標署名数: 200,000
現在の署名数: 41,379 (達成率 20.7 %)
期限: 2010年05月19日

(PC)http://www.shomei.tv/project-1084.html

(携帯)http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1084

『ひまわり署名プロジェクト』
http://www.maylibridshope.syarasoujyu.com/



1 長期的、継続的な暴行や食事制限、虐待、躾等によって被害者が衰弱し生命維持困難になるまでに至った場合、加害者を裁くための新法として虐待致死傷罪の制定を求めます。

2 虐待(と思われる)を通報する際の匿名性の強化や、 どこに通報すればいいのかなど明記した掲示物の作成・配布を求めます。

3 児童相談所が虐待の相談・報告を受けた際に必ず履歴を残し、データとしてある一定期間保存することを求めます。 

4 警察が虐待についての通報を受けた際、強制立ち入りを行った上での児童保護の許可が与えられるよう求めます。
  また、虐待の通報に関しては必ず履歴を残し、児童相談所と共有できるデータとしてある一定期間保存することを求めます。

5 保護された児童は保護後速やかに健康診断を受け、虐待の痕跡を見逃さない体制を作ることを求めます。

6 学校は家庭での虐待と見られる児童からの相談や虐待の痕跡を認めた場合、児童相談所か警察への通報を徹底化することを求めます。

7 この署名を立ち上げるきっかけとなった大阪府西淀川区の松本聖香さん殺害遺棄事件の主犯である小林康浩・松本美奈の2名に対し、立件された罪状の中での厳刑を求めます。
posted by TAKACO at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2歳0ヶ月〜2歳4ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。